コピー機能について

コピー機を使うのであれば、当然コピー機能を使うことになりますが、最近は複合機となっているコピー機が一般的なので、業務の内容によってはコピー機能を使うよりも、それ以外の機能のほうが多く使うことが多くなることがあります。その場合でもコピーは資料作成などで使うことになるかと思いますが、コピーの仕方によっては、印刷時に紙やインクを無駄にしてしまうことが多いので、そうした自体が起きないように、正しいコピーの仕方について前もってチェックしておきましょう。

コピー機を使用する際は、コピーする印刷物の内容をチェックしておきましょう。白黒の資料をカラー印刷してもインクやトナーを無駄にすることが多いので、白黒コピーにするように設定する必要がありますし、コピー機の機能によっては、一枚の紙に2ページ分の内容をコピーする集約コピーや、表面と裏面の両方を同時にコピーできるカードスキャン機能など、他にも色々な機能を搭載しているので、利用している複合機の説明書などを確認して、具体的にどのような機能を使えるかチェックしてみてください。

コピー機は必ずといっていいほど仕事で使うものなので、早いうちから使い方を身につけておく必要があります。特に新規にコピー機を導入する場合は、使い慣れないうちに実務に導入することも多く、トラブルが起きたときに対処できないこともあるので、最低限説明書を熟読して、問題が起きないように気をつけるようにしてください。